ヤスミンズッキーニ

酒田出身の日本のブリーダーは、黄色いフルーツのズッキーニの多品種雑種を開発しました。ヤスミンズッキーニは、温室内で栽培するための植物で、中期早熟のオープングラウンドです。ロシアでは、国内市場への種子の最大供給国であるGavrishが品種の販売に関わっています。

img "alt ="ズッキーニヤスミン "src =" f1-73.jpg ">

ハイブリッド品種の特徴

種の文化

ズッキーニ、初期のオープンフィールドハイブリッド

植物の特徴

スクワットブッシュ

広がるブッシュ

赤分岐

ブッシュのビュー

ハーフオープン、コンパクト

熟した達成するための分類

中早い

植生期

5〜9月

植物開発

動的

フルーツフォーム

円筒形Ø4〜5 cm、長さ20〜25 cm

胎児の着色

黄色い果実

耐病性

スイカモザイク耐性、黄色ズッキーニモザイク

胎児の目的

保存・調理

1平方メートルあたりの許容植物数

3個

商品フルーツの成熟度

ミッドシーズン

成長条件

温室フィールド

着陸パターン

60×60センチ

説明

ズッキーニのタイプに含まれています。鮮やかな実を持つコンパクトなオープンブッシュはズッキーニの一般的な範囲に収まります - 受粉は起こりません。葉は大きく、弱く解剖され、弱い斑点がある。成長フルーツにやさしい、集中的。それは、缶詰になって調理に新鮮に使われています。

収量

4〜12 kg / m 2

フルシュートの成熟期間

35〜40日

胎児の塊

0.5〜0.6 kg

果肉フルーツ

クリーミー、濃い

美味しい

乾物含量

5,2%

糖分

3,2%

狭い楕円形、中型